2007年02月12日

2007年冬・只見線「よねしろ号」の旅

070210-010b.jpg
10日からの3連休は川口オート参戦予定であった
只見の雪まつりに合わせて臨時「雪まつり号」が
会津若松〜只見間で走ると知り只見線の旅に変わってしまった
従来はこの手の列車運行日は混雑するなどの理由で避けていたが
只見線の運行本数の少なさを体感し
臨時列車を利用することにより普段は出来ない行動が可能となる
メリットを生かせると思って出かけた
普通は朝自宅出発で会津川口12時到着はありえない
○会津若松
|  10:20発
|    雪まつり号只見行
|  12:03着
○会津川口
|  14:09発(予定は15:32)
|    雪まつり号会津若松行
|  14:43着(16:00)   
○会津宮下

しかし・雨あめあめ…
会津川口駅近くの「おふくろ」でビールと赤いチャンポンで一時を過ごす
会計の際におかみさんから「この前もビールと赤いチャンポンでしたね」と言われる
半年以上も前のことをよく覚えているなと思った
きっと車社会のこの地で昼から「ビール」を飲む人はいないのかも
予定を早め3時前に会津宮下の宿・栄光館に入って
の〜びりと温泉に
夜は三島町でも雪は無いが雪まつりが開催されており
宿から冬の花火を見ることができた

「おふくろ」「栄光館」にてお会いした皆様、有がとうございました。

070210-005ss.jpg
もと急行「よねしろ」
今は名もない快速列車として鹿角花輪−秋田間を毎日1往復しているようだ
これを追ってか普段見かけない劣悪なファンが少なくなかった
シャッター押そうとしていると前を横切られたり
宮下では線路に降り駅員さんがピーピーと笛を吹く場面も

只見線のようなローカル線の旅には向かないと思うが
乗り心地はよいから
花輪線の旅の際は奥羽本線移動用として是非利用したい

<旅行日07年2月10日>
posted by おとG at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 只見線の旅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5889366
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック