2022年04月30日

桜〜弥五島駅

AAAQ0083.jpg
桜を求めて会津鉄道の旅。
芦ノ牧温泉南駅以降の桜散っていたので弥五島駅に戻る。
ソメイヨシノの他にピンクの八重も咲いていた。

AAAQ0176.jpg
翌朝に来て見るとソメイヨシノが散っていた。
乗ってきた列車を撮影。(乗る列車も撮影したが)
<2022/04/24、25 会津鉄道弥五島駅>
posted by おとG at 05:00| Comment(0) | 野岩・会津鉄道の旅

2022年04月28日

桜〜湯野上温泉駅

AAAQ0093a.jpg
桜を求めて会津鉄道の旅。ここは湯野上温泉駅。
風が吹くと桜の花びらが大量に舞い、美しい情景をつくり出していた。

AAAQ0146.jpg
翌朝に来て見るとかなり散っていた。駅外から撮影。
<2022/04/24、25 会津鉄道湯野上温泉駅>
posted by おとG at 05:00| Comment(0) | 野岩・会津鉄道の旅

2022年04月26日

桜〜会津長野

AAAQ0019a.jpg
桜を求めて会津鉄道の旅。
各駅停車と快速の運用が変わったので会津田島に前泊。
まづは会津長野駅近くで、会津若松駅始発の鬼怒川温泉駅行きAT700形を見学。
7時台初めての撮影に戸惑う。

AAAQ0035a.jpg
反対側からトロッコ列車を見学。

AAAQ0170.jpg
(2日目撮影)

1日目の工程
会津田島駅ー会津長野駅(2本撮影)−会津田島駅へ戻る−湯野上温泉駅(1本)ー大川ダム公園駅(乗る列車)
−戻って弥五島駅(1本)−湯野上温泉駅(交換1本)−芦ノ牧温泉南駅(1本)−芦ノ牧温泉駅(2本)
ー会津若松駅
(芦ノ牧温泉南駅以降の桜は散っていた)

<2022/04/24、25 会津鉄道会津田島駅ー会津長野駅>
posted by おとG at 16:50| Comment(0) | 野岩・会津鉄道の旅

2022年04月13日

満開の花桃〜神戸

AAAQ9977.jpg
花桃と桜の風景を求めて、わたらせ渓谷鉄道。
2つ目は神戸駅下車。

AAAQ9965.jpg
この機関車が途中故障して午後のダイヤが滅茶苦茶に

AAAQ9986.jpg
<2022/04/10 わたらせ渓谷鉄道>

posted by おとG at 00:00| Comment(0) | わたらせ渓谷鉄道

2022年04月11日

春の上神梅

AAAQ9943.jpg
花桃と桜の風景を求めて、わたらせ渓谷鉄道。
まづは上神梅駅下車。芝桜も咲いていた。

AAAQ9936.jpg
(大間々−上神梅)

<2022/04/10 わたらせ渓谷鉄道>
posted by おとG at 06:59| Comment(0) | わたらせ渓谷鉄道

2022年04月07日

いすみ鉄道・桜

AAAQ9923.jpg
いすみ鉄道の桜は3年ぶりなので定番の所を散歩。

AAAQ9892.jpg
(上総東−新田野)

AAAQ9901.jpg
(久我原−東総元)

AAAQ9912.jpg
(総元駅)

<2022/04/06 いすみ鉄道)
posted by おとG at 07:02| Comment(0) | 房総半島の旅

2022年04月03日

桜の季節〜小湊鉄道

AAAQ9838.jpg
桜の季節がやってきた。

AAAQ9814.jpg
(飯給駅)

AAAQ9852.jpg
(上総大久保駅)

<2022/04/01 小湊鉄道>
posted by おとG at 07:40| Comment(0) | 房総半島の旅

2021年12月17日

冬の花ニホンスイセン〜いすみ鉄道

AAAQ9747a.jpg
ここのニホンスイセンは鋸南町のと同等に葉が短いので撮影しやすい。
<2021/12/12 いすみ鉄道 久我原−総元>
posted by おとG at 05:00| Comment(0) | 房総半島の旅

2021年12月15日

キハ52単行〜いすみ鉄道

AAAQ9757.jpg
荒涼とした風景、今回は独り静かに見学できる場所を選んだ。(単に駅近で順光な場所)

AAAQ9780.jpg
返しは駅でいつもの構図。早くも菜の花の芽が出揃っていた。
<2021/12/12 いすみ鉄道 総元駅とその周辺>
posted by おとG at 05:00| Comment(0) | 房総半島の旅

2021年12月13日

朝陽に輝くもみじ〜小湊鉄道

AAAQ9701a.jpg
五井7時台のに乗って小湊鉄道をお散歩。
上総山田でキハ40の2連と交換。乗りたい撮りたいと思うけど…。
目的の上総大久保駅へ。2週間前は青かったもみじ、赤く染まっていた。
<2021/12/12 小湊鉄道 上総大久保駅>
posted by おとG at 08:55| Comment(0) | 房総半島の旅